エントリーする

TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD

応募期間
2021.4.16-2021.10.9
応募テーマ

TOKAI PRODUCTDESIGN AWARD とは

東海エリアのモノづくり企業3社の技術を用いた
製品アイディアを学生から募集し、
「魅力のあるデザイン」を選定するとともに
商品化をめざします。
企業が持つ優れた技術力と学生デザイナーの
創造力を掛け合わせることによって、
次世代のモノづくりの可能性を広げます。

学生:創造力×企業:技術力→今までにない新しいデザイン製品 学生:創造力×企業:技術力→今までにない新しいデザイン製品

アタラシイものや体験の応援購入サイト
"マクアケ"で商品化した製品の販売を目指す

Makuakeマクアケについてはこちら
POINT
自分の考えた製品が商品化のチャンス!
企業からのフィードバックが貰える!
各分野のプロフェッショナルが審査!
審査員
[審査委員長]香川大学創造工学部 教授 井藤隆志氏[審査委員長]
香川大学創造工学部
教授
井藤隆志氏

1969年岐阜県生まれ。筑波大学芸術専門学群にてプロダクトデザインを学ぶ。情報機器メーカーでインハウスデザイナーとして活動後、イタリアに渡り、イフジデザインスタジオを立ち上げる。陶磁器、漆器等の地場産品から、モビリティ、ロボットの等の工業製品まで300以上のプロダクトデザイン開発に携わる。平成30年より若手デザイナーの育成と、これからのデザインの研究のために香川大学創造工学部教授に就任し現在に至る。

大同大学情報学部情報デザイン学科 准教授 岡田心氏大同大学情報学部
情報デザイン学科 准教授
岡田心氏

1975年愛知県生まれ。名古屋芸術大学にてデザインを学ぶ。自転車メーカー、 キッチンメーカー、オフィス家具メーカーを経て2005年にフラップデザインスタジオを設立。 印鑑から仏具、神具、食器、提灯、樋、枡、水栓器具、自転車、スポーツ用品、調理器具など各地で 伝統産業や中小企業と共に育てる商品開発を心がけ、さまざまな製品デザインを手がける。2013年より、大同大学情報学部情報デザイン学科 プロダクトデザイン専攻 准教授。

リアル・スタイル株式会社代表取締役 鶴田浩氏リアル・スタイル
株式会社
代表取締役
鶴田浩氏

建築設計監理業務を経て建築・空間プロデューサーとして従事。2002年提案型ライフスタイルショップ 「REAL Style」を立ち上げ、平成14年度名古屋市都市景観賞(リニューアル賞)を受賞する。以降、名古屋3店舗、仙台、金沢、吉祥寺、青山にて7店舗のライフスタイルショップをオープンさせる。NPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 理事。NPO法人デザインアソシエーション 理事。名古屋工業大学 非常勤講師。名古屋市・奈良県・岐阜県等 各種プロポーザル、商品選定、審査員。

株式会社マクアケ キュレーター/名古屋拠点 責任者 武田康平氏株式会社マクアケ
キュレーター/名古屋拠点 責任者
武田康平氏

新卒でサイバーエージェント広告事業本部に入社し、大手メーカーやEC事業会社のアカウントプランナーとして従事。2019年にマクアケ入社後は、キュレーターとして主にプロダクト系のプロジェクトを担当し、同年の最優秀新人賞を受賞。2020年8月より名古屋拠点の責任者として、主に東海地域の商品プロデュース、プロモーションに関わる。

応募要項

応募方法

下記のエントリーフォームより個人情報を入力してエントリーしてください。エントリー後、事務局から登録完了メールを入力していただいたメールアドレスにお送りします。スタートアップイベントなどのお知らせをお送りします。

参加資格

  1. 愛知、三重、岐阜県内に在住もしくは各県内の高校、専門学校、
    短大、大学、大学院等に在籍している学生(個人・グループは問わない)
  2. 受賞後、参加企業からの依頼に応じて商品化に向けた協力が可能であること

※入賞の際には、受賞者に対して学生身分を証明する書類の提出を求める場合があります。あらかじめご了承ください。

提出物

A3 記載イメージ(1.選択したテーマ2.作品タイトル3.コンセプト4.提案イメージ5.寸法6.ID番号)※自由にレイアウトにして記載ください。

作品シート(A3用紙/縦1枚/片面)
※作品シートには、以下の事項を配置してください。

  1. 選択したテーマ
  2. 作品タイトル
  3. コンセプト
  4. 提案イメージ
  5. 寸法
  6. ID番号

(注意1)ファイル形式はPDF、容量は10メガバイト以下にまとめ、ファイルのタイトルにID番号を明記してください。(例:作品名_ID番号.pdf)
(注意2)使用言語は日本語に限ります。
(注意3)複数応募される場合は、作品ごとに「作品シート」を提出してください。
(注意4)作品シートにID番号の記入がない場合は応募は無効となります。

提出方法

提出物をメールまたは郵送でご提出ください。
企業からのフィードバックを希望する方は、8月16日までにご提出ください。
(郵送の場合は8月16日必着)
最終提出締切が10月9日となります。
(郵送の場合は10月9日必着)*必ず応募要項をお読みいただき、同意いただいた上で、ご応募ください。

メールの場合
郵送の場合
〒460-8511 愛知県名古屋市中区三の丸1-6-1
中日新聞社広告局ビジネス開発部内
「TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD実行委員会」係
応募に関する諸注意・権利規程
原則的に投稿者の方が提供するデザイン・コンセプト等のコンテンツに関する著作権、特許権、意匠権等の知的財産権は各成果物を作成した者に帰属するものとします。ただし、主催者が当該コンセプトの製品化を決定した場合、知的財産権は、ユーザーの意思表示を必要とすることなく、直ちに主催企業に移転及び帰属するものとします。
東海プロダクトデザインアワードエントリーの流れ
応募期間
2021年4月16日~2021年10月9日
エントリーする 入力フォームへ

審査について

審査項目

  1. (1) 新規性:社会や文化等に対して、新たな価値を提案しているか。
  2. (2) 独創性:オリジナリティが反映された美しいデザインであるか。
  3. (3) 市場性:時代に適合し、将来のニーズを誘発するものであるか。
  4. (4) 実現性:現実的な製造方法やビジネス化が考慮されているか。

賞・商品化について

賞及び副賞

※該当者なしの場合もあります。
※入賞の際には、学生身分を証明する書類の提出をお願いする場合がございます。

商品化について

最優秀賞に輝いた作品は、各企業とデザイナーの間で協議のうえ、
実際に商品化に向けた試作やマーケティングを行い、
アタラシイものや体験の応援購入サイト「マクアケ」での販売を目指します。

また、優秀賞受賞作品についても、各企業とデザイナーとの間で
商品化について検討を行います。

※最優秀賞および優秀賞作品について、
 商品化は保証されるものではありません。あらかじめご了承ください。

Schedule

  1. 4月16日 エントリー開始
  2. 5月25日 スタートアップイベント
  3. 8月16日 フィードバック最終締切
  4. 10月9日 提出締切
  5. 11月上旬 審査会結果発表
  6. 11月下旬 表彰式
  7. 12月中旬 優秀賞サイト公開
スタートアップイベント開催
企業や審査員からのアドバイスが聞ける!
実施日時:
2021年5月25日 19時~
実施方法:
オンライン配信 ※エントリーした人にアーガイブ配信
出 演 者:
各参加企業 代表1名(来光工業、中村製作所、ニッケン刃物)
審査委員(岡田氏、武田氏)
ゲスト:デザインスタジオ Bouillon(ブイヨン)

※視聴方法などの詳細はエントリー時にご登録いただいたメールアドレスに
お送りします。
※スケジュールや内容は予告なく変更になる可能性があります。

参加無料 オンライン配信予定オンライン配信

組織紹介

主催:
TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD 実行委員会
協力:
Makuake
中日新聞社
セントラル画材
後援:
公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会/JIDA

企業紹介

  • 株式会社来光工業(愛知県春日井市)

    精密加工技術を応用した
    キャンプギア「SITA」等の製造・販売

  • 株式会社中村製作所(三重県四日市市)

    切削加工の技術を応用した
    蓄熱調理鍋「ベストポット」等の
    製造・販売

  • ニッケン刃物株式会社(岐阜県関市)

    刀を模した「名刀ペーパーナイフ」等の
    製造・販売

お問い合わせ先

TOKAI PRODUCT DESIGN AWARD実行委員会(中日新聞社内)

電話
:052-221-1865
メールアドレス
【運営元:株式会社中日新聞社】

〒460-8511 名古屋市中区三の丸1-6-1
営業時間:平日 10時~17時

※記載してある内容について、予告なく変更になる場合があります。